Be an Explorer

Apple Watchを買うのはまだ早い?私が購入を見送る3つの理由

   

先週からApple Watchの予約が開始されましたね。
私が勤めている会社でもちらほらと「予約した〜!」なんて声も聞きました。
新しいモノ好きの私ですがとりあえずApple Watchの購入はしばらく見送りかな?と思っています。

私がApple Watchを買わない3つの理由はご紹介したいと思います。

sponsored link

①スポーツをしない

Apple Watchに特に興味を示しているのは日頃スポーツをしている方が多いのかなと思っています。
私の勤めている会社で予約したと言っている人達も早起きしてランニングをするような方々がほとんどです。

Apple Watchはいわゆる時計の機能がついたウェアラブルデバイスでユーザーのバイタルデータ(体温とか心拍数とか)や運動量を常時監視し、データとして蓄積することが可能です。
このようにして蓄積されたデータをAppleやアプリ提供会社が解析をしてユーザーにサービスを提案するというのが基本的なビジネスモデルです。

オフィスワークで普段ほとんど体を動かさない私にとってはバイタルデータや運動量の蓄積はほとんど意味ない(もっと運動しろとアドバイスされるかもしれませんがw)と思います。

やっぱり普段から体を動かされている人の方が恩恵を受けられるのかなと思います。

②アプリケーションが少ない


出典:gizmode.jp

「いやそうは言うけどApple Watch上でアプリも動くし!」

確かにApple Watch用のアプリもすでにいくつかリリースが決まっているようですね。
CookpadとかNAVITIMEとか証券会社のアプリ等が出る予定ですが、これも今後どれだけ増えるかは分かりません。
正直私はiPad向けのアプリも少なすぎと思っています。

Apple Watch向けのアプリがどれだけリリースされるかは、どれだけApple Watchそのものが売れるかにかかっていますね。

これまでウェアラブルデバイスはMicrosoft(Microsoft Band)やNIKE(FuelBand)がすでに販売をしていますが、あまり売れてはいないようです。

この前例を考えてみるとApple Watchも前途多難なのかな?と思ってしまいます。

③やっぱり時計はアナログが好き

もう私も古い人間なのでしょうかw
やっぱ時計と言えばアナログがかっこ良く見えちゃいます。
私はオメガの時計を愛用していますが、こういうのって一度購入すれば一生モノなんですよね。
Apple Watchは”時計”というよりは”家電”に近いイメージで、寿命はスマホと同様に2年程度なのかな?と思っています(性能的に)。
そう考えるとコスパもアナログ時計のが良いですしね。

おわりに

ネガティブなことばかり書いていますが、スマートフォンをここまで普及させたAppleは何かやってくれそうな、そんな気持ちにさせてくれますよねw
Apple Watchを使えば劇的に生活の質を上げるような、今の私達のスマートフォンのように生活の一部として無くてはならないモノまで完璧に仕上げてもらえるのを楽しみにしています。

 - Apple

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS