Be an Explorer

MacBookもiPhoneもこれ一つでバッテリーの心配いらず!Hyperjuiceが最高にオススメ!

   

こんばんは。osw48.comへお越し頂きましてありがとうございます。おーさわです。

みなさんは出先でスマホやタブレット、ノートパソコンのバッテリーが無くなりそうで困った経験はありませんか?

私は、仕事柄ノートパソコンを持ち歩いて仕事をすることが多く、どこでもバッテリーを充電出来る環境というわけではないので、いざという時のために大容量のモバイルバッテリーを持ち歩いています。

今日は私が昔から使っている大容量モバイルバッテリーをご紹介したいと思います。

sponsored link

私が愛用しているHyperjuice!

私が愛用している大容量モバイルバッテリーはHyperjuiceというモバイルバッテリーです。

このHyperjuice、なんと27,000mAhという桁外れの容量を持つバケモノみたいなモバイルバッテリーです。

このHyperjuice、見た目も良いですが、機能もめちゃくちゃすごいんです!

ここがすごいよHyperjuice!

1. なんとOLED搭載!

このHyperjuiceは上の写真にあるようにバッテリーの側面に本体電池の詳細情報が表示されるパネルがついています。

このパネルがなんとOLED(有機発光ダイオード)ですごくクリアに見えます。

すごいちょっとしたことなんですが、こういうとこが所有欲を満たしてくれますね。

2. 同時に複数デバイスを充電可能!

Hyperjuiceには物理的に3つのポートがついています。

USBポートが2つとHyperjuice専用の接続ケーブルが使えるポートが1つあります。

USBポートはiPhone等のスマホやiPad等のタブレットを同時に充電することが可能です。

また、Hyperjuice専用の接続ケーブルを使えば、MacBook ProやAir、新型の12インチMacBookでさえ充電することができちゃいます!

3. 27,000mAhの桁違いの大容量!

めちゃくちゃ容量が大きく、例えばiPhone6sなら24回分充電出来ますし、MacBook Airであれば34.2時間も給電することが出来ちゃいます。

これがあれば1日中外にいてもどころか、2日ぐらい外で作業してもバッテリーが十分に持ちそうな感じがしますね!

ここがダメだよHyperjuice

私がこのHyperjuiceを使っていて不満が1点だけあります。

それは重い事です。

Hyperjuiceは重さが730gで、私が先日購入した12インチMacBook(920g)に匹敵するレベルです。

なので、私もここぞ!という時だけ持ち歩くようにしています。

でも、必要な時には本当に頼りになる最高の相棒です!

Hyperjuiceの製品仕様

項目 内容
容量 100Wh(27,000nAh)
サイズ 204mm×123mm×24mm
バッテリ種別 リチウムイオン
重量 730g
出力電圧 14.4V – 18.5V
出力電力 100V – 240V (1.2A最大)
USB出力電流 12W×2(5V・2.1A最大)
本体充電時間 3-4時刊

アメリカのベンチャー企業が作っているモバイルバッテリーですが、日本ではact2さん経由で購入することが出来ます。

おーさわ
Hyperjuiceは実は前モデルから使っていて、act2さんには昔からお世話になっています。これからも私のようなオタクの心をくすぐる製品をたくさん世に送り出して頂けるよう応援しています!

 - Apple

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS