標準レンズ史上最高のapo-summicron-m f2/50mm asphを買ったので開封の儀!

前回ご紹介したライカの新型デジタルカメラのM10。

気づいたらなぜかライカの新作デジタルカメラM10を購入していた件

こいつを買ったら絶対欲しいと思っていたレンズがあった。

これ。

世界中に存在する50mmレンズでたぶんいちばん高い。

値段はなんと90万オーバー。

M10の本体よりも高いレンズです。

実はこのレンズを買うためにM10はローンで購入しました。

M10に合わせて今週届いたので早速開封していきたいと思います。

アポズミ50開封の儀

なんと、前回のエントリーと合わせると定価で200万弱。

普通に車買える・・・車は持ってないけど・・・

維持費がかからないだけ車より安い!

そう自分に言い聞かせて開けていきます。

これが今回届いた箱。

M10はマップカメラさんから購入しましたが、このアポズミは海外から個人輸入しました。

購入先は香港のお店。

メールした感じ、かなり顧客に寄り添った日本人的な考えもあり、信頼できるお店判定をして買いました。

RANGEFINDER.com.hk – Leica – 宏觀攝影器材公司

ちなみに大体日本で買う6割ぐらいで買えてしまいます。

保証も日本で受けられるし、新品で高額なライカ製品を買う時には一つ選択肢としても良いかもしれません(とは言え、海外からの並行輸入なのでリスクは伴います)

それよりもさっさと開けていきましょう。

でかい箱を開けると出てきたのは灰色の箱。

これって普通に国内で買ったらついてこないんじゃ?

代理店とかに納入される時に入ってそうな箱のままですw

この灰色の箱を開けるとお目見え!

というかこの画像だと伝わらないかもしれませんが、この箱、めちゃくちゃデカイです。

どんぐらいデカイかと言うと

上がM10の箱、下が今回購入したアポズミの箱です。

M10の箱の方が画像で言うと奥行きがあるので体積的には同じぐらいでしょうか・・・

レンズ一つなのにとんでもない箱です。

ということで開けてみます。

まず出てきたのは取扱説明書。

見る必要は無い(たぶん)

次は保証書。

ボディの時もそうだったけどただの紙ペラじゃなくてほんとビビる。

これは・・・読めない・・・

このアポズミを最終的に検査した方のサインが書かれていました。

こんなん普通にニコンのレンズだったらありえない(良いか悪いかは別として)

いよいよ、メインディッシュに取り掛かりましょう。

キター!

レンズはこの中に入ってるのかな?

入ってない。

普通のレンズポーチなんだと思うんだけど、こんなんもったいなくて使えませんやん・・・

ということでこのまま入れておきます。

ということはこいつにレンズは入ってるんだなー!

開けるぞ・・・!

キター!

どう考えても私のベッドよりふかふかな下敷の上に鎮座するアポズミ様。

マジはんぱねえっす。

ちなみに私が今回購入したのはシルバーモデルです。

M10のボディがシルバーなので。

恐る恐る袋から出して一枚パシャリ。

傷つけるのが怖いので即フィルターを付けます。

たぶん、これからライカ純正のフィルターを買うのはこれが最初で最後でしょうw

他のレンズであれば社外のフィルターでおkです(気持ちの問題)

素晴らしい工芸品

ライカのレンズは良く工芸品と言われるみたいです。

確かにこのアポズミを実際に触ってみると工芸品と言われる理由がわかる気がします。

100万円クラスのレンズですし、まあそりゃ金かけてるんだからそんぐらい作れるよねって言うのはそうなんですが、それでもちゃんと売れるんだからライカはすごい。

先日購入したM10とこのアポズミクロンでこれから先、私の先発セットは決まりですね。

早速、次の記事ではアポズミで試写した写真をいくつかご紹介したいなと思います!

ズミルックスと比べてどうなの?って話

おそらくMデジライカの標準レンズの王様として君臨しているズミルックス。

私もこのアポズミを買うか、ズミルックスを買うかですっごい悩みました。

一つ言えるのは、「きっとどっちも欲しくなる」なんですねw

どっちも欲しくなるのは分かっているのであればとりあえず手を出しにくい高い方から買っておこう!という単純な発想ですw

あまりアポズミについて書かれているブログは無いので、実際にズミルックスと比較してどうなの?っていうのは分からないんですが、どっちも性能はすごく良いので好みの問題もあるでしょう。

f1.4でとろけるようなボケをとるか、f2でバケモノ解像度をとるか。

私もライカのf1.4の世界はそのうち絶対に入り込んでみたいと思っています。

とりあえず、今はお金もなくなってしまったのでしばらくアポズミをしゃぶり尽くしたいと思います!

2017年3月21日追記

さっそく試写してきました!

アポズミ50を持って浜離宮恩賜庭園で菜の花を撮ってきた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です