Be an Explorer

フルサイズ一眼だってオシャレなカメラバッグを使いたい!フェリージのバッグがほんとオススメ!

      2015/07/25

Nikonのフルサイズ一眼のD750を購入して早1週間。

ある程度想像はしていましたが、一眼レフっていうのはカメラとレンズ買うだけじゃだめでその周辺アクセサリー的なものを買い揃えないとだめですね。

ということでまず、一眼レフを入れて持ち運びが出来るカメラバッグ選びをすることにしました。

まずは家の近くにあるヨドバシカメラとビックカメラに行ってみました。

並んでいるカメラバッグを見てビックリ。なんでこんなダサいバッグしかないの・・・?

こんなんだからカメラ使ってる人はオタクみたいになっちゃうんだ・・・

量販店だとやっぱダメなので家に帰ってネットでオシャレなものが無いか検索。

するといくつか出てくるもののほとんどがスポーティな感じ。

唯一、私が欲しいなと思ったのはAcruさんのBonoというバッグでした。

Acru(アクリュ) | デザインと機能性にこだわったモノヅクリ。ハンドメイドのカメラストラップやカメラバッグなどを販売

これならかっこいいしいいな〜と思ったのですが、このAcruさんは大阪にしか店舗がなく実物を確認することが出来ない・・・

ストラップなら確認無しで買ってもいいけどバッグだとさすがに確認無しで購入は厳しいのでこのバッグは諦めました。

前置きが長くなりましたが、とにかくカメラバッグとして売られているものはダサい!ということで自分の気に入ったバッグを購入してインナーケースを入れてカメラバッグも兼用することにしました。

sponsored link

購入したのはフェリージのバッグ!

今回私が購入したのはフェリージトートバッグ(1713/DS+NK)です。

フェリージ(Felisi)は、1973年に創業したイタリアの鞄ブランド。
創業者のアレッサンドロ・フェリージ(Alessandro Felisi)と現社長アンナ・リザ・フェローニ(Anna Lisa Felloni)が、イタリア北部の街フェラーラに立ち上げた革工房を発祥とする。現在約50名の革職人が革工房で働いており、手作業の革製品ブランドとして知られる。
ブランドのロゴは、フェラーラ地方の地主であったフェリージ家の紋章である。このしるしは兜と楯、林檎の木がモチーフ。多くの鞄製品に使われている生地はリモンタ社のナイロンで、プラダなども使用している。主力商品は鞄で、「No.8637」や、「No.9362」などが定番商品として知られる。1996年にドメニコ・ベルトラーニ(Domenico Bertolani)をデザイナーとして迎えた。本国イタリアではフェッラーラのジョヴェッカ大通り(Corso Giovecca, 27)と、ミラノのスピガ通り(Via della Spiga, 30)に店舗を構える。
出典:wikipedia

よく丸の内とかにいるサラリーマンがもっているバッグですね。

私も持ってる人を何度も見たことあったのですが、ずっと欲しかったものの高くて購入に踏み切れず・・・(ちなみに今回購入したフェリージのバッグは10万円)

でもこれを機に清水の舞台から飛び降りる気持ちで買っちゃいました!

開封の儀!

とりあえず買ってきたものを開けてみようと思います。

これが袋。目立ちますしフェリージって感じですw

中身が見えてきました。ドキドキ・・・

じゃーん!

やっぱかっこいいですね。

ちなみに今回私が購入したモデルはブラック・ネイビー・ベージュの3色展開で、ベージュを購入しました。

ブラックはちょっとビジネスっぽいのとネイビーはいかにもフェリージって感じだったので。

中身をチェック!

それでは何がどれぐらい入りそうなのかを見ていきます。

メインの収納はこんな感じ。

一般的なバッグって中央で開けるタイプが多いですが、このバッグは口みたいに開くので物の出し入れが楽そうです。

メイン収納の横にはポケット付き。

サイズ的にはiPadがすっぽり入ります。

画像はiPad miniですが、iPad Airでもラクラク入りそう。

タブレットならなんでも来いっていう感じですね。

バッグの前側にはポケットが二つ付いています。

財布とかスマホとか手帳とかサッと取り出したいものを入れるのに良さそう。

見た目より収納力あります。

バッグの背面にもポケットが付いています。

もしかしてこのサイズなら?と思いMacbook Pro Retina 13インチを取り出してきました。

入るかな〜ドキドキ

スルスル・・・

スルスル・・・・・・・

すっぽりハマりました!ていうか余裕でしたね。ケースとかカバー付けたままでも余裕で入りそうですし、15インチのMacbookもいけそうです。

背面ポケットの中にもさらにポケットが付いています。

スマホもラクラク収納!

これだけオシャレなバッグなのに機能性も備えているなんて素敵すぎますw

肝心のカメラは入るの??

ということで最後にカメラが入るのか見てみましょう。

ソフトインナーケースに入れたD750ボディとキットレンズ(24-120mm)です。

インナーケースはHAKUBAのものです。

ふたを閉めて

バッグに入れてみます。

すっぽりジャストサイズ!カメラもラクラク収納出来るし、これならまだまだ物を入れられそうです!

本当良い買い物が出来た!

いや〜10万円もしたし、本当に清水の舞台から飛び降りる気持ちでしたが、本当に良い買い物が出来たと思います。

胸を張ってオススメできるバッグです!

おーさわ
これでカメラ首からずっとぶら下げなくて済むし、いつでもどこでもカメラ持ち運べるのでガンガン写真撮っていきたいと思います!

 - Camera

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS