気づいたらなぜかライカの新作デジタルカメラM10を購入していた件

これはブログを始めてから・・・というよりかは人生で最もやっちまった事案です。

なんと、ライカのM10を購入してしまいました・・・

実はオールドレンズを見ている時にライカのレンズも見たりしていて、「オールドレンズならライカも買えるなあ」なんて思っていたらなぜかどんどんライカ欲が高まってきて、気づいたら新品でM10を買ってしまったという・・・

ちなみにローンですw

本当はライカを買う層はローンなんかでカメラを買わないかもしれない。

身分不相応と言われればそれまでだけど、

「だって使いたかったんだもん」

これに尽きますw

ということで今回購入したライカのカメラを簡単にご紹介したいと思います。

ライカを予約するまで

なんでいきなりライカを買ったのか、簡単に振り返っておきます。

前の記事で紹介したNEX-6を購入してから、いろんなオールドレンズに惹かれ始めてしまいました。

オールドレンズ用にSONYのミラーレスカメラ「NEX-6」を買ったよ

最初は国産のオールドレンズ、ちょっと気になってカールツァイスのオールドレンズ、気がつけばライカのオールドレンズを見る日々。

国産のオールドレンズは数千円で買えるものも多いけど、カールツァイスとかはだいたい2万とか3万、ライカは安くて程度の悪いもので2万からって感じ。

でも2万とか3万とかであの”ライカ”のレンズが使えるってめちゃくちゃ良くない?ってなっちゃって、いろんなお店を物色してました。

東京周辺の中古ライカショップはほぼ全部回ったかとw

そんなときに飛び込んできたニュース

「ライカM10」が1月28日に発売 薄型化したレンジファインダー式デジタルカメラ

国内メーカーと比較して製品のライフサイクルが長いライカがこの絶妙のタイミングで新作を出すと言うではありませんか。

どうせ使うなら高くても長く使えて愛着が湧くモノが良いという考え方の私はこのニュースを見てずっと心のどこかに引っかかっていました。

この前モデルとして発売されたM9は2009年発売。

つまり7年ちょっと前のモデル。

今買えば7年ぐらい最新機種として楽しめる(正確には他の派生機種等があるけどそこは置いといてw)

ある日、某巨大掲示板でM10の情報収集をしていると、ある書き込みが目に留まる

「どうせ予約しても納入されるのって半年後とかだよな」

えっ!?注文してもすぐ買えないの!?ライカってそういうものなの!?

半年後とかならとりあえず予約しておこうかな、、、そんで届く頃までにまだ熱が冷めてなかったら買おう、と心に決めて予約しました。

(許可をくれた嫁には頭が上がらない)

思ってたよりも全然早くに届いた

半年後ならだいたい夏ぐらいに自分のやつは来るかな〜なんて思っていたら2日前の金曜日にマップカメラさんから連絡が

「M10入荷しましたよ〜。取りにこれます?」

マジか。

もう届いたか。

熱なんて冷めるどころかむしろさらに熱くなってるぞ。

私は言いました。

「取りに行くと持って帰るの怖いので郵送していただけませんか?」

即買うの決断してる〜おれのバカ〜バカバカ〜。

なんでその決断力を仕事で活かせないんだこのバカタレ。

ちなみに私が購入したM10はシルバーモデルで、ブラックのモデルがかなり品薄だそう。

店員さんの話ではシルバーモデルが大体2ヶ月待ちで、ブラックモデルは半年ぐらい。

個人的にはシルバーの方がライカっぽくて初めてのライカにはもってこいだと思っていたので、逆にこれが功を奏したみたいです。

ライカM10開封の儀

これまで、Macbookとかで開封の儀はやってきましたが、いわゆる家電製品でこんなに高額商品を買うのは初めて。

気合を入れて開封の儀を執り行いたいと思います。

ちなみに写真を何枚も撮ったのですが緊張して手が震えてブレた写真量産。

これがマップカメラさんから届いた箱です。

それでは開けていきます・・・

めちゃくちゃ厳重にエアパッキンに囲まれてM10の箱がお出まし。

箱を取り出してみて、一体どんだけのエアパッキンが入ってたんだ?と思ってパッキンだけ詰めてみたらこんなに。

マジ丁重に扱われてる感じをヒシヒシを感じる…

本体のおでまし。

これもプチプチでちゃんと包まれてますね。

じゃーーーーーーーん!

M10キター!

箱の高級感がハンパない。

これまで買ってきたカメラとは格が違う(値段も全然違う)

外箱を開けるのに苦戦していたらパラっと開く感じで開封。

さらにこの中にも手の込んだパッケージが!

こいつを開けたらM10と対面か・・・!

いくぞ!

ってまた箱かーい!

ていうかただの箱じゃなくてなんかタンス?みたいな作りになってる・・・

ちょっとわがままを言うなら、この値段なんだし、この箱もダンボールみたいな素材じゃなくて革とかそういうやつ使って欲しいですね。

一番上の箱を開けると出てきましたM10!!

いらっしゃい!

これがライカなのか・・・

おれも力を手に入れてしまったのか・・・

ちなみに箱のタンス構造はこんな感じ。

保証書とか説明書とか付属のストラップとかが入ってました。

タンスの中身を全部取り出してみる。

ちゅーか保証書めっちゃ厚い。紙一枚じゃない。ビビる。

付属品はこれで全部。

なんか電源ケーブルみたいなのたくさんあるけど使いみちがよくわからない。

一本以外はしまっておきます。

ちなみに、マップカメラさんからご連絡を頂いた後に、銀座のライカショップに行ってストラップ、カメラプロテクター、液晶フィルムを買いました。

本当はプロテクター(とか速写ケースと呼ばれるもの)はつけないで、傷ついたらその味を楽しむタイプなんですが、さすがにこの値段のカメラはつけないと精神が安定しないです。

使っていくうちに気にならなくなると思うので、その域まで達したら外して使いますw

そしてこれがレンズを付けた状態のM10です。

レンズはSummicron 35mm f2 ASPH。

中野の某中古カメラショップで非常に程度が良いものを安く買うことが出来ました。

これもマップカメラさんから連絡を頂いてから急遽購入w

オールドレンズとか言ってたくせになぜか現行一個前の非球面レンズモデルが・・・(光学系は最新のものと同じ)

まあこんなこともありますねw

マジで高いけど所有欲を満たす最高のカメラ

ライカって本当に高い。

でも所有欲をハンパ無いレベルで満たしてくれる。

たぶん、性能的に言ったらキヤノンやニコンの方が上かもしれません。

そもそもオートフォーカスも無いし。

でも写真って撮るプロセスから楽しむことが大切なんだと思います。

カメラ・レンズを選んでる時、カメラ・レンズを買う時も含めてね。

そういう意味ではこのカメラは最高に写真を楽しめる一つの答えかなと。

実はちょっと試写もしてきたんですが、記事が長くなってしまうのでそれはまた別にご紹介したいと思います。

M10、これからよろしくね。

5 件のコメント

  • 購入おめでとうございます!
    そして、ようこそライカの世界に笑
    自分は8〜9年前に買ったフィルムライカのMPが現役です。

    撮るプロセスを楽しむ。まさにそこですよね。
    ピント、シャッタースピード、絞り、全てを自分で設定して撮るので面白いですよね。

    • ひでさん
      コメントありがとうございます&返信が遅くなってしまい申し訳ありません。
      MPも良いですよね〜!
      私も最近はなぜかMAに惹かれつつあります。
      まずはM4とかそこら辺からスタートしてみたいと思います!

  • はじめましてコメントさせて頂きます。M10ご購入おめでとうございます。ブラックペイントが欲しい私は、今月欧州へ仕事へ赴くので、一か八かで滞在先で在庫があるかどうかしらみつぶしに探そうとおもっていますw

    運があればいいのですが! 今後も色々とレビューや写真など楽しみにしています。
    よろしくお願いします!

    • せーやんさん
      コメントありがとうございます。
      私もとうとうライカに足を踏み入れてしまいました・・・w
      ブラックペイントはかなり人気のようで、入手は難しそうですがほんとカッコイイですよね。
      私も初めてのライカということでシルバーにしてしまいましたが、次買うなら絶対にブラックです!

      またちょくちょくブログは更新したいと思いますのでよろしくお願いします!

  • こちらまでワクワクしました。ありがとう。私はBlack頼んでますから後4ヶ月待ち でも近頃ワクワクする買い物はあまりないですよね。カメラ楽しんで下さい!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です