Be an Explorer

室内や暗所でカメラ撮影をするならストロボ買えば解決するんじゃない?

   

おはようございます。年始なのに自分の実家も嫁も実家も行っていないおーさわです。

年始に実家に帰るのって公共交通機関はめちゃくちゃ混んでるし、道もめちゃくちゃ混んでるし、あんまり好きじゃないんですよね。

なので、年末年始ではなく別の機会に親には会うようにしています。

実は昨年の大晦日に妹夫婦の家に遊びに行きました。

別に顔を合わせるためではなく、妹夫婦が犬を飼いはじめたとのことで、その犬を見に行った感じですw

犬がいるということは私のカメラの出番では・・・?ということでカメラも持参することに。

でもまだ犬は家から出せないとのことでしたので、これをいい機会としてスピードライト(ストロボ)を購入しました。

今回はストロボの紹介と、ストロボ有り/無しでどんな感じで作品が変わってくるのかをご紹介したいと思います。

sponsored link

購入したのはSB-700

私はニコンのフルサイズ入門機D750を使っています。

ニコン用のストロボ(ニコンはスピードライトというらしい)は純正品と社外品とあるのですが、やっぱりここは安心の純正を選択。

純正のものでメインストリームとなっている機種は以下の4種です。

SB-910はニコン純正スピードライトのフラッグシップ機。

スペック高い、デカイ、重い、高い。

SB-700は上のSB-700の一つ下のモデル。

スペックまあまあ、ちょいデカイ、ちょい重い、ちょい高い。

SB-500はまたその一つ下のモデル。

個人的にはコスパ一番悪く感じます。

最後にSB-300。内蔵フラッシュよりは当然良いけど最低限。

値段も安いし、光ればOKという人はこれで十分。

正直、私クラスならSB-300で十分だと思うんですが、後でもっと良いものが欲しいってなるのが私の性格なのでここは最初からそれなりのものを買っておこうと思い、SB-700にしました。

SB-910はちょっと重すぎ&D750にはデカすぎでした。ちなみにSB-700でも十分に重たく感じます。

とりあえず開封&装着

まず早速、購入してきたSB-700を開封してD750に装着してみます。

ででーん!

ちなみに今回もいつもお世話になっているビックカメラ有楽町店でお買い上げしました〜♪

この箱、結構デカイです。

お〜、こんな専用の入れ物に入ってくるんですね!

これならカメラバッグの中でもかさばらないし、良さそう!

ちなみに中身はこんな感じ。

本体と別にライト用のフィルターがついてました。

D750に装着!

やっぱりD750にはちょっとだけ大きいかな?

D810にはジャストサイズな気がしますが、気になるほどではありません。

D750とSB-700の作例

さて、ここからは実際にD750とSB-700で撮影した妹夫婦の犬の写真をご覧ください。

これはストロボ無しで撮影したものです。

こちらもストロボ無し。

妹夫婦の家は白い蛍光灯なのですが、上から白い蛍光灯が当たって影が目立つ感じになっちゃってます。

そしてこれがストロボ使って撮影したものです(天井バウンス)

違いがわかりやすいようにどっちもJPEGで撮ってそのまま加工せずに載せています。

どうですかこの違い!

まあぶっちゃけストロボ無しの写真でもかわいいものはかわいいんですが、やっぱストロボあった方が全体的に明るくなってますし、綺麗に撮れてますよね。

まだ私は上手に使いこなせていないと思うので、上手に使いこなせばこれなんかよりもずっと効果的に撮れるんじゃないかなと思っています。

新しくレンズを買うのもいいですが、ストロボ使うのも写真の雰囲気がかなり変わっていいですね〜♪

みなさんもぜひストロボ導入して楽しいカメラライフを送ってください!

おーさわ
ストロボ買って本当によかったんですが妹夫婦の家に行ったらめちゃくちゃ犬を飼いたくなりました・・・

 - Camera

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS