Be an Explorer

RX100シリーズユーザーの私がRX100m4に買い替えが必要か検討してみた

   

なんとソニーが新しいサイバーショット「RX10II」と「RX100IV」を2015年の7月31日に発売するようです。

RX100シリーズは私もRX100m3を使っているので、新型のスペックは気になるところ。

ちなみにソニーの直販サイトではすでに先行予約を受け付けているようで、価格は119,880円+税となっています。

た・・・たかい・・・

とりあえず価格(とRX10II)はおいといて、今回は初代RX100からRX100m4までのスペックを比較してみて、RX100m4に買い替えが必要なのか検討してみたいと思います。

sponsored link

世界初となるメモリ一体型CMOSセンサ搭載!

今回発売されるRX10II、RX100m4はいずれもメモリが一体型になった1型の積層型CMOSセンサ「Exmor RS」を搭載しているため、センサの信号処理が非常に高速化されています。

そしてこの点がこれまでのRX100シリーズともっとも違う所のようです。

この利点を動画撮影能力に活かし、4K/30pの動画はもちろんのこと、40倍のスーパースロー撮影も可能となりました。



おぉ、こりゃすごい。

よくテレビとかで見るスローモーションに似てますね。これがこのちっさいカメラで撮れるなんて・・・さすがSONY!

でも・・・

でもでも・・・

この機能の使いドコロってそんな無い気が・・・

ちなみにこのスーパースローの撮影時には音声は含まれないようです。

まあこんなスローで音声なんていらないですねw

RX100シリーズのスペックを比較

とりあえずRX100シリーズのスペックを比較してみましょう。

横並びでスペックを見るのが一番わかり易いですしね。

機種名 RX100 RX100m2 RX100m3 RX100m4
発売日 2012/6/15 2013/7/5 2014/5/30 2015/7/31
価格.com最安値 34,344円 56,936円 69,897円 実売10万円前後??
センサータイプ Exmor CMOS センサー 裏面照射型 Exmor R CMOS センサー Exmor RS CMOSセンサー
有効画素数 約2020万画素 約2010万画素
画像処理エンジン BIONZ BIONZ X
レンズ ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ6群7枚(Asph レンズ4枚) ZEISSバリオ・ゾナーT*レンズ9群10枚(Asph レンズ9枚)
開放F値 広角:F1.8 望遠:F4.9 広角:F1.8 望遠:F2.8
焦点距離 28-100mm 24-70mm
最短撮影距離 広角:5cm 望遠:55cm 広角:5cm 望遠:30cm
光学ズーム 3.6倍 2.9倍
液晶角度調整 上:約84度 下:約45度 上:約180度 下:約45度
電子ビューファインダー 0.39型144万画素 0.39型235万画素
ISO感度 125-6400 160-12800 125-12800 125-12800
シャッタースピード 1/2000秒 1/32000秒
連写 10枚/秒 16枚/秒
動画性能 1920×1080(フルHD) 3,840×2,160 (4K)
アクセサリーシュー
Wi-Fi対応
起動時間 2.1秒 1.6秒
寸法(mm) 101.6 x 58.1 x 35.9 101.6 x 58.1 x 38.3 101.6 x 58.1 x 41.0 101.6 × 58.1 × 41.0
重量 約240g 約281g 約290g 約298g

うーんなるほど。

とりあえず私が気になった点についてピックアップしていきたいと思います。

RX100m4になって進化したところ!(個人的に気になった所)

EVFは進化!これは良さそう

RX100シリーズはm3からEVFが搭載されるようになりました。

このEVFっていうのは実は昼間に外で撮影するときは非常に重宝するもので、日差しの強い環境においてもしっかりと撮影を行うことが出来ます。

弱冠、EVFの画素数が少ないかな?と思っていたので144万画素→235万画素への進化は大きいと思います。

驚愕のシャッタースピード

上の表にあるシャッタースピード1/32000秒って間違いじゃないですよ!w

私も最初見た時は、「え?え?1/32000???1/3200じゃなくて??」って思いましたw

でもこれはちゃんと1/32000秒でシャッターが切れるようになっているようです。

こんだけ早くシャッター切れれば被写体ブレなんて無いでしょうね・・・というかこんなに必要なのかな・・・

4K動画が撮れる!

これまではフルHDまでしか動画撮影は出来ませんでしたが、RX100m4からは4Kでの動画撮影が可能となりました。

今後はフルHDから4Kへとシフトしていくと思いますし、先のことを考えれば今から4Kで動画撮影を行っておくのも良いでしょうね。

でも既存RX100シリーズユーザーの買い替えは見送りでOK

確かに機能としては進化したRX100m4ではありますが、10万円以上だして買うか?と言われると答えはNOですね。

私は個人的にRX100m3が値段も少しこなれてきましたし、ベストバイかなと思います。

ただし、EVF、バリアングル液晶、Wifiの機能がいらないというのであれば初代RX100がベストバイです。

35000円で買えるカメラとは思えないほど満足感が得られると思います。

みなさんも自分にあった楽しいカメラ探しをしてみてください!

おーさわ
とりあえず今回は買い替えはしなくて済みそうです。記事を書きながら欲しくならないかとドキドキしていましたw

 - Camera

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS