Be an Explorer

二度と間違えて同じ本を買わないために私が導入したiPhoneアプリ

   

おはようございます。年始の目標でたくさんの本を読むと誓ったおーさわです。

実は昔は全然本読まなかったんですが、ここ5〜6年で結構な量を読むようになりました。

小説も興味はあるもののまだ一度も読んだことはなく、基本的にはビジネス書や経済書を読むことが多いです。

そんなこんなで読書の数をこなすようになって気づいたのですが、たまに同じ本を買ってしまうんですよね。

そんな経験ありませんか?

「うわ〜この本前から欲しいと思ってたんだよな〜!AmazonでKindleセールしてるじゃんポチー」→家に帰って本棚見たら実はその本持ってました的な。

ここ最近、こういうことが立て続けに起こってしまっていたので、なんとかこの状況を打開できないものかと模索していました。

やっぱり世の中には同じことをすでに考えている人がいるもので、見つけましたよ!私に最適なiPhoneアプリ!

ということで、本日は私が見つけた無料の読書管理アプリをご紹介したいと思います!

sponsored link

読書管理アプリ、その名も「ビブリア」

さて、今回私がiPhoneに導入したアプリは「ビブリア」という読書管理アプリです。

読書管理ビブリア 〜 読んだ本とメモを簡単シンプルに記録する本棚アプリ 〜 App
カテゴリ: ブック
価格: 無料

機能としては必要最低限+バーコードリーダーがついていて、無料アプリにしては非常に良いものではないかなと思います!

簡単に使い方を紹介

App Storeからダウンロードして起動すると以下のような画面になります。

現時点では何も本が登録されていないので、ここから読んだ本/読みたい本を登録していきます。

まず、上画面で「本の記録をはじめる」をタップしましょう。

そうすると以下のような画面になります。

便利な「バーコード検索」で本を登録したいと思います。

今回は私が株を始めるときに一番勉強になったこの本を登録してみたいと思います。

次に登録したい本の裏面にあるバーコードを読み込ませます。

勝手に枠をバーコードに当てはめると自動で読み込みをしてくれます。

ちゃんと読み込めるとこんな感じに。

読みたいのところをタップすると「読みたい」のタブに追加され、それ以外のところをタップすると本棚に追加されます。

「本棚」と「読みたい」の使い分けですが、これは個々で好きなように使って良いと思います。

ちなみに私は以下のように使い分けています。

「本棚」  →読み終わった本を登録

「読みたい」→持っているけどまだ読んでいない本を登録

読みたいけどまだ持ってない!っていう本は別途OmniFocusのアプリで管理するようにしています。

Omnifocusの使い方は人それぞれだと思います。このエントリではデイビッドアレンのGTDの基本に忠実なOmniFocus2の使い方を紹介しています。ちなみに私もこの使い方をしていますが、今では無くてはならない必須アプリになりました!

OmniFocus 2 for iPhone App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥4,800

Evernoteとかで管理するのもいいかもしれませんね。

Evernote App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

追加された本の詳細は、本のところをタップすることで読み込めます。

すでに読んだ本であれば、感想を入れておくと後で見やすくて良さそうです。

こんな感じで本を管理すれば2冊同じ本を間違えて買ってしまうとかなくなることでしょう!

しかも、何冊の本を読んだのかが管理できて、自分の読書のモチベーションUPにも繋がりそうです!

無料アプリなのでみなさんもぜひ試してみてください♪

読書管理ビブリア 〜 読んだ本とメモを簡単シンプルに記録する本棚アプリ 〜 App
カテゴリ: ブック
価格: 無料

おーさわ
2冊買ってしまった本とかってどうしてますか?私は2冊本棚に飾っています・・・

 - iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS