Be an Explorer

私が未だに東京で消耗し続ける5つの理由!

   

かれこれ10年以上、東京で消耗しまくっているおーさわです。

イケダハヤトさんの「まだ東京で消耗してるの?」はいつも楽しく読ませて頂いています。

職業的(コンサル)な目線で言うと、やっぱりマーケティングが非常に上手だな〜という印象です。

私はあまり存じ上げてないのですが、前ブログタイトルから現ブログタイトルに移行したのはおそらくイケダハヤトさんが高知県に移住した際かなと推測しています。

つまり、まだ高知県に移住して間もない時、東京と比較することが出来ない頃なんですよね。

でも不思議と「東京にいるより高知にいる方が消耗しない」って確かに言われてみれば「確かにそうかも」って思ってしまう。

これがイケダハヤトさんのすごい所だと思います。

私は正直なところ、東京にいるよりも高知にいる方がずっと消耗すると思うので、これからも東京で消耗し続けていきたいと思っています。

今日は私が東京で消耗し続けたいと思っている5つの理由を、特に地方に住む事によって”消耗する”という視点からご紹介したいと思います。

sponsored link

①車生活によって家計を消耗する

いきなりお金の話になってしまいますが、地方は未だに車が無いと生活出来ないエリアがほとんどです。

でも、実は車って乗り続けるととんでもないコストがかかってるって知ってました?

ちょっと計算してみましょう。

参考にさせて頂いたサイトは自動車ランニングコストさんです。

このページは簡単に自動車の維持費を可視化してくれるサイトです。

買う車はとりあえずプリウスクラスにしておきましょう。燃費もいいですし。

まずは最低限の維持費、つまり家の駐車場に置いておくだけでかかるお金はどれぐらいか見てみましょう。

駐車場代無しで大体6.6万円/年です。

次に維持費を計算するために前提を仮置きします。

今回は7年おきに170万の中古車を買い、大体年間の走行距離を10,000kmとして算出しました。ちなみに田舎前提なので駐車場代は計算にいれていません。

そうすと大体これぐらいの自動車維持費がかかります。

冷静に考えて50年とか車もつ人はいなさそうなので、例えば30年間車を持ち続けたとすると約1,350万円を自動車を持つことに費やすこととなります。

どうですか?しかもこれは1台にかかるお金です。

私にはこれは高すぎるので今は車を持っていませんし、これからも持つ予定はありません。

その変わり、東京の23区内の中に住んで、行きたいところがあれば大体は電車で行けるような所に住んでいます。

また、必要な時にはレンタカーを借りています(とは言っても1年に1回も借りていませんが・・・)

地方にいくとトータルコストで何千万円もかかる車を所持しないと生活できないっていうのはとてつもないデメリットだと思うんですよね。

家そのものは地方のが安いですが、じゃあ1,350万も違うの?って言われると場所をちゃんと選べばそんなことはありません。

②給与水準が低くて消耗する

言わずもがな的な感じですが、地方は給与水準が圧倒的に低いです。

DODAのエリア別年収データの一覧を見てみましょう。

まずは私が住んでいる関東から。

大体450万円ちょっとですね。

当然ですが、日本ではもっとも高い給与水準です。

2位は東海です。ト○タ系列のおかげでしょう。

なかなか給与水準は高めです。

3位は北信越です。

関西地方が3位に入ってくると思ったのですが、意外にも北信越地方がランクインしました。

1次産業が盛んだからでしょうか。

4位は関西です。

ちょっとおもしろいのは、平均年収では関西地方は4位ですが、生涯賃金で見ると北信越より上なんですね。

次にイケダハヤトさんがいらっしゃる高知県がある中国・四国地方です。

大体平均年収がギリギリ400万を超えてくるレベルです。

6位は北海道・東北地方です。

平均年収はぴったり400万円ですね。

最後に九州・沖縄地方です。

こうやって上から下まで見比べてみると、関東地方と九州・沖縄地方で大体75万円/年の開きがあります。

生涯賃金で言うと大体4,000万円ぐらい。これだけの生涯賃金の差があると関東地方に普通のマンションが買えますねw

これだけの生涯賃金の差を物価の違いで埋められるでしょうか?

先ほどの車の件もありますし、私には到底この差を埋められる自信がありません。

③起業することの方が消耗する

平均年収がそのエリアで低いなら起業してその平均年収上げればよくない?

イケダハヤトさん的な考え方はこうなのでしょう。

実際、私もどちらかというとそういう考えの方が強いタイプです。

ただ、起業してしっかりとその事業を続けていくことは並大抵の努力では出来ないことだと思います。

それこそ、東京で満員電車に1時間とか揺られ、出勤してから上司に怒られる毎日の方がよっぽど消耗しないのではないかなと思います。

将来的には私も起業をしたいなと思っていますが、確実に今の生活よりも精神をすり減らさなければならないでしょう。

サラリーマンは本当に楽な職業です。毎月決まった給料が振り込まれますからね。

④不便で精神を消耗する

当然ですが田舎は不便です。

身近な話をすると、例えば私が今住んでいるエリアで言うと、Amazonは大体13時ぐらいまでに注文すると当日に配達をしてもらえます。

ただこれは東京や大阪等の一部のエリアだけで、ほとんどは当日に配達というのはムリです(大体が翌日)

これはちょっとした事例ですが、東京にいたら”当たり前の事”が地方に行くとそれは途端に当たり前ではなくなってしまいます。

そういう生活にストレス無しで耐えられるの?っていうところがポイントでしょう。

今なら電車を20分乗れば手に入らないモノは無いと言っても過言では無いぐらい便利ですが、この生活から離れた時には結構なストレスを感じることになりそうです。

⑤人間関係で消耗する

私自身は地方に住んだことが無いのでこれは推測になりますが、旅行で地方に行ったりすると結構知らない人に話かけられたりするのが多いと思います。

これを”人の暖かさ”と取るか”おせっかい”と取るかは人それぞれだと思いますが、基本的に東京に住んでいる人はプライベートはプライベートで他人に干渉されたくないスタイルの方が多いと思います(もともと地方で東京に出てきた人とかは当然そんなことないと思いますが)

私が聞いた話だと、地方の方に行くとわりと勝手に隣のおばちゃんとかが部屋に入ってくるとかw

こういう生活は私にとっては本当に耐えられないですね・・・

とりあえず自分の事ぐらい自分で出来ますからほっといてくださいって感じでしょうかw

終わりに

色々と書きましたが、東京を出て田舎に出ることで得られるメリットというものもたくさんあります。

そういうメリット・デメリットをしっかりと理解した上で自分の合った場所で自分に合った仕事をして生活出来るといいですね。

おーさわ
個人的には移住するなら海外がいいかな〜なんて考えています。ハワイとか行きたいけどそれこそ仕事ないしな〜〜

 - Lifehack

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS