Be an Explorer

クラウド家計簿のマネーフォワードを使い始めて約1年!本当に手放せないサービスとなりました!

   

みなさん貯金出来てますか?

私は結構買い物をするのが好きで、同年代の中では結構趣味にお金を使っているタイプだと思います。

ただ、お金を使う割には貯金ができていると思います。

なぜ私がお金をよく使うのにお金を貯められるかというと、しっかりと家計の見える化をしているからです。

ちなみにこれまではMac専用のiComptaという資産管理アプリを使っていました。

iCompta 5
App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥3,000(記事公開時)

このiComptaですが、かなり高機能で使いこなせば資産管理アプリとしてMacの中で最高峰ではないかなと思います(値段がもうちょっと安いといいんですけどね)
ちなみに私はMac版とiPhone版のアプリを使っていましたが、正直iPhone版のアプリはあまり使いやすくないので、Mac版だけで良いかも。

iCompta 3
App
カテゴリ: ファイナンス
価格: ¥500(記事公開時)

ただ、1年半ぐらい前にたまたまネットで見かけたクラウド型の家計簿アプリ「マネーフォワード」を見つけてからはずっとマネーフォワードの虜状態です。

sponsored link

クラウド家計簿サービス「マネーフォワード」の特徴

ここからはマネーフォワードの公式HPからの抜粋です。


  • 資産管理の決定版

マネーフォワードは、一度金融機関の口座情報を登録するだけで、複数の口座情報を一括管理。登録可能な金融機関は現在1,810社。

  • 家計簿を自動作成

銀行の出入金やカード情報をもとに、自動で家計簿を生成してくれる

  • 基本利用料は無料

有料版もありますが、基本は無料で使うことが出来ます。

  • 安心のセキュリティ体制

情報の送受信には256bit SSL暗号化通信を採用。

  • ReceRecoと連携

ReceRecoはスマホでレシートを撮影するだけでその場で家計簿に内容が自動で入力されるものです。


とりあえず一言で言うとこれまで全部手動で管理しなきゃいけなかった家計簿を自動でつけられますよ!っていうサービスです。
具体的にどんなものか私のマネーフォワードの画面で見てみましょう。

銀行の残高やクレジットカードの利用が自動で記録される!

1にも2にもマネーフォワードの最も優れているところはここです。

まあこれはマネーフォワードにかぎらず、クラウド型の家計簿(Zaim等)全般このような機能がついているようです。

銀行を登録するとこんな感じで見れます。ちなみにSBIネット銀行が二つあるのは私の分と妻の分です。

基本的にうちでは私が家計を管理していますので、妻の口座も登録して管理しています。

クレジットカードはこんな感じ。メジャーなクレジットカードはほとんど100%と言っていいぐらい連携が出来るようになっています。

ちなみに証券口座も登録することが可能です。

私が持っている資産で連携が出来なかったのは琉球銀行で加入している確定拠出年金と海外の証券口座Firstradeの2つでした。

この二つは手動で資産を管理するようにしましたが、これまでのようにすべての口座を手動で管理するよりもずっと楽です。

自分の資産状況が一目で分かる!

若い頃は銀行口座なんて一つしか無かったし、クレジットカードなんて持ってなかったし、家計簿なんてそれこそ手帳だけで完結するぐらい単純なものでした。

しかし大人になった今では話が違います。

生活費用の口座や、住宅ローンが引き落とされる口座、株を買う証券口座なんかもあればかなり多くの口座を管理しなければならなくなります。

ちなみに私がマネーフォワードに連携している金融機関の数は

  • 銀行口座7つ
  • 証券口座4つ
  • クレジットカード7つ

の計18個です。また、それぞれの口座に関して大きくグループ化して残高の推移も簡単に見ることが出来ます。

ちなみにここに書いてる年金は自分で手入力を行っている確定拠出年金のことです。

円グラフで総資産を簡単に見ることも可能です。

口座が増えてくるとこうやってひと目で自分の資産がどれぐらいあるのかっていうのが分かるというのは非常に助かりますよね。

私は株や投資信託も買ったりするので本当に重宝しています。

クレジットカードで使ったものが自動で登録される!

マネーフォワードはクレジットカードのオンライン明細から自動で使ったものを家計簿に記入してくれます。

ちなみに上は2月17日にユニクロで買い物したものと2月18日にiTunes Storeで買い物したものです。
これは自動でマネーフォワードに登録されます。

ちなみに手動で入力したものに関してはペンのマークがつきます。

自分の財布やSuica(モバイルSuicaは連携出来ますが普通のSuicaは連携不可)は手動での入力が必要ですが、これぐらいならばめんどくさがり屋の私でも十分続けられます。

本当に手間いらずな最高の家計簿です!

マネーフォワードは本当に最低限の手間で細かく資産を管理出来る最高のサービスだと思います。

30日間のプレミアムサービス(有料プラン)の無料お試し期間があるようなので、今度はそれを試してみたいと思います。

 - Lifehack

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS