Be an Explorer

Mac mac-mini-late2012-to-late2014.jpg

旧型Mac miniから新型Mac miniへ買い替えの必要はあるか

   

Mac miniの新型が2年ぶりに発表されて2ヶ月が経過しました。
Appleにしては新製品発表までかなり長い時間を要し、ディスコンも囁かれていたほどです。
私もMac mini late 2012ユーザーとして買い替えの対象になるのか、簡単に比較してみました。
ちなみに私が使っているモデルはlate 2012の松モデル(core i7モデル)なので、基本的には最も高いモデルでの比較を中心に行いたいと思います。

sponsored link

スペック比較

CPU

Mac mini late 2012
CPUモデル名:Core i7 3720QM(クアッドコア)
クロック数:2.6GHz(Turbo Boost時3.3GHz)
TDP:45W
iGPU:Intel HD Graphics 4000
Mac mini late 2014
CPUモデル名:Core i 7 4578U(デュアルコア)
クロック数:3GHz(Turbo Boost時3.5GHz)
TDP:28W
iGPU:Intel Iris Graphics 5100

拡張性

Mac mini late 2012
→ユーザーが自由にメモリにアクセスが可能。とりあえず4GBモデルを買ってその後に16GBに増設することが簡単に可能。
Mac mini late 2014
→メモリがロジックボードに直付けされている。後からの増設は不可能で、メモリを増設する場合は買う際にCTOモデルを選ぶ必要がある。

スペックを見た所感

ネットで記事を見るとCPUがクアッドからデュアルになって大幅にスペックダウン!!みたいなことが書かれていますが、私の使い方ではほとんど変わらなそうですね。
それよりも今使っているMac miniがHDDモデルなので新型に変える時にはFusion Driveにすればかなりの恩恵が受けられるんじゃないかなと思います。
ただ、自作でFusion Drive化も可能なので買い替えの決定打にはならないですね。
Wi-Fiもacに対応しており、いくらCPUがスペックダウンしているからと言って、いまさら2012年モデルを買う理由にはよっぽどのことが無い限りないかなと思います。
またMac mini late 2012をすでに持っていれば、2014年モデルをわざわざ買い直す必要はほとんど無いかなと思います。

 - Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS