Be an Explorer

Mac macbook-early-2016-review-5

【レビュー】MacBook early 2016を購入して分かった12のこと

   

こんばんは。osw48.comへお越し頂きましてありがとうございます。おーさわです。

昨日で12インチの新型MacBookが届いてちょうど1週間が経ちました。

連休中だったこともあり、家でもiMacよりMacBookを優先して使ったり、ゴールデンウィーク中に行った九州旅行にも、もちろん持って行って使いました。

おそらくこの連休中に私が日本で一番この新型12インチのMacBook early 2016を使った人だと思います(←言い過ぎ?w)ので私がMacBookを買って良かったと感じたこと、ここはもっと改善して欲しかったな〜と思ったことをご紹介したいと思います。

sponsored link

私が購入したMacBookとこれまでのMac歴

私が今回購入したMacBookは下記のモデルです。

Apple Storeのサイトで買える上位モデルを購入しました。

スペックは

項目 内容
ディスプレイ Retina(2,304×1,440)
プロセッサ 1.2GHz Core m5プロセッサ(TB時2.7GHz)
メモリ 8GB 1,866MHz LPDDR3
ストレージ 512GB PCIeベースSSD
グラフィックス Intel HD Graphics 515
バッテリ 最大10時間のネット閲覧

とこんな感じです。ちなみにどうでも良いことですが、キーボードはUSに変更しています(かっこつけたいだけ)

たぶんCPUとストレージがモデルごとに変わるだけで残りはどのモデルも一緒だと思います。

また私がこれまで使ってきたMacは以下モデルです(覚えている限り

  • MacBook 13-inch, Late 2009
  • Mac mini Late 2012
  • MacBook Air 13-inch, 13-inch, Mid 2013
  • MacBook Pro Retina 13-inch, Late 2013
  • iMac Retina 5K, 27-inch, Late 2014
  • MacBook Retina 12-inch, Early 2016 ←今回購入したモデル

こうして見ると2012年以降は毎年のように買っていますね・・・w

私がこれから書く内容は上記の特にMacBook Pro Retina 13-inch, Late 2013との比較になります(当モデルとの入れ替えのため)

iMacも使う機会としては結構ありますが、さすがに1kgを切るMacBookと大型機を比較するのは酷ですしね・・・

ということで上記を踏まえた上で、MacBookのレビュー行きまーす!

MacBookを使って気づいた12のこと

1. どこへでも一緒に持ち運びたくなる軽さ!

このMacBookは重量がわずか920gしかありません。

私がこれまで使い倒してきたMacBook ProのRetinaディスプレイモデル(13インチ)は約1.6kg。

半分とまではいきませんが、約半分ぐらいまで軽くなりました。

この差はかなり大きくて、これまで片手で持つと「やっぱ重いなあ・・・両手で持たないとバランスも悪い」って思っていたのが、片手で軽々と持ち運びが出来るようになりました。

バッグに入れて持ち運ぶ時でも、この軽量化の恩恵を受けることが出来ますが、室内でのちょっとした移動でよりその効果を体感出来たような気がします。

たぶん、このMacBookを買って一番良かったと思えたのが、この大幅な軽量化です。

2. やっぱり安定のRetinaディスプレイ!

私が使っているスマホ、タブレット、パソコンすべてがRetinaディスプレイです。

MacBookを購入する際にも、このモデルかMacBook Airかで悩みました。

Apple Storeで実物を比較して、やっぱり私はもうRetinaディスプレイしか使えないなと感じました。

なんか、MacBook Airの画面は少し離れて見ても滲んで見えてしまって目が疲れるようになっちゃったんですよね。

これは贅沢病?wみたいな感じですが、これからRetinaディスプレイ並の解像度を持つモノ以外は買わない(買えない)と思います。

当然ですが、このモデルのRetinaディスプレイもしっかり綺麗に見えて大満足です!

3. 画面は小さいけど問題は無い!

結構懸念していた点だった「画面サイズ」ですが、これは全く杞憂でした。

もともと、MacBook Pro Retinaの13インチモデルでは画面の解像度1,680×1,050にして使っていました。

最初のうちは文字がちょっと小さくて使いにくかったのですが、慣れると作業スペースが広くて結構使いやすいんですよね。

購入した12インチのMacBookは1,440×900が常用解像度としては最大。

スペースとしては結構狭くなってしまって使い勝手が悪くなるかな〜なんて思っていましたが、実際に使ってみると全然問題ありませんでした。

というか、実際は1,280×800でも十分なのかもしれません。

4. キーボードは思ったより使いやすい!

実はこれが一番心配していた点です。キーボードの使い勝手。

このMacBook 12インチモデルはバタフライ構造のキーボードが採用されていて、キーストロークがほとんどありません。

実際、前モデルが発売された時に、実際に店頭で少しタイピングをしてみたのですが違和感がすごくて「これはちょっと使えないような気がする・・・」というのが第一印象でした。

ただ、2015年モデルのMacBookが発売されてしばらく経って、いろんなところでレビューがされた時に思っていた以上にこのキーボードの評判がよく、「もしかしてこれでもいけるんじゃないか?」という淡い期待を持っていました。

実際に購入直前にApple Storeで実物を触った際にも違和感がすごくて最後まで心配していましたが、今ではこれまでのキーボードと同じ感覚とスピードでタイピングをすることができています。
この記事もMacBookを使って更新していますが、快適です(^o^)

あと、嬉しい誤算ですが、これまで使ってきたどのMacよりもキー打音が静かです。

これなら出先でも思う存分使えると思います!

5. ファンレスで静かだけど結構熱くなる!

MacBookの”売り”であるファンレスですが、作業をしているとMacBook本体が結構熱くなります。

普通にネットサーフィンやブログの執筆をしているぐらいではほんのり暖かくなるぐらいですが、Lightroomを使ったRAW現像なんかをやると結構熱くなります。

しばらくまたネットサーフィンをしていると温度は下がりますが、常にファン付きモデルと比較すると本体温度は高めなのかなというのが私の体感です。

私はほとんど気になることはないレベルです。

6. 拡張性の低さはアクセサリーでカバー可!

USB-Cのポートが一つとイヤホンジャック一つしかなく、拡張性はほぼ無いです。

ただし、様々なアクセサリーが発売されており、それを購入することでこの問題は解決することが出来ます。

あと、実はUSB-Cポート一つでも私の使い方では不自由することがほとんどありません。

最近はDropbox等のクラウド型ストレージもありますし、ファイル移動もお手軽になったので、この拡張性でも不便に感じないのでしょう。

とりあえずいざという時のために一つは買っておくと良いと思います。

7. MagSafeがなくなったのは本当に痛い!

MacBookの中で唯一と言っていいほどの不満点がこれです。

やっぱMagSafeって本当使いやすくてよかったんですよね。

充電ケーブルを取るときもそこまで気を使わないでスルッと引っ張るだけで取れましたし。

あと、充電時のLEDランプが無くなったので、充電が終わったのか終わってないのかを確認するにはパソコン画面を開かないといけません。

これもちょっと不便ですね・・・

8. モバイルバッテリーからも充電可能はうれしい!

実は私自身はまだ試していないのですが、モバイルバッテリーからも充電可能だそうです。

これがあれば1日中外で作業しても楽勝でバッテリーが持ちそうです。

まだ買っていませんが購入予定!

9. 感圧タッチは使わない!

一つの大きな目玉となっている感圧タッチですが、私は全く使っていません。

実はどのような機能がこの感圧タッチで出来るのかもよくわかっていません。

やっぱ力を入れてグッとトラックパッドを押し込むのも疲れますし、ハード的に壊れてしまいそうで怖いというのもあります。

この感圧タッチでめちゃくちゃ便利になる方法とかあったら教えて下さい!

10. 処理速度の遅さもそこまで気にならない!

CPUは超低電圧版の非力なものを搭載していますが、私の用途では全く不自由を感じません。

私の主な用途は

  • ウェブブラウジング(Chrome)
  • メール(Mailplane)
  • twitter(夜フクロウ)
  • RSS(Reeder 2)
  • Skype
  • 写真の現像(Lightroom)
  • ブログ執筆(Sublime text)

です。

Lightroomを除き、常にすべてのアプリケーションを起動していますが、カーソルがレインボーになることもありませんし、至って快適に使えています。

LightroomはさすがにiMacと比較すると遅いですが、他のアプリケーションに関しては体感として差はないと思います。

11. 新色のスペースグレイはやっぱり良い!

これまでずっとMacBookはシルバーのみしかカラーバリエーションがありませんでした。

私はiPhoneも3GS時代からずっとスペースグレイを使ってきており、私の大好きな色です。

MacBookでもこの色を使えるようになったのは私にはとてもうれしいニュースでした。

やっぱめちゃくちゃかっこいい!

12. やっぱり使って満足出来る最高のデザイン!

なんだかんだMacBookの良いとこはこのデザインですよね。

使っても持ち運んでも満足出来る、それがMacBookの良いとこです。

長い間、大きくデザインは変わっていませんが、それだけ完成されたデザインなのだと思っています。

終わりに

まだ購入して1週間ですが、購入して本当に良かったと思います。

私のように持ち運んでネットサーフィンをしたりブログを執筆したりするのには非常に向いています。

ただ、3Dゲーム等の重い作業をやりたい場合は他のPCをオススメします。

MacBook Airと比較して悩んでいる方も多いと思いますが、私からのアドバイスを一言

「RetinaディスプレイがいらないならMacBook Airを買え」

以上です。

私にとってはMacBook AirのRetinaディスプレイモデル的な立ち位置だと思っています。

購入を検討されているみなさんのご参考になれば幸いです。

おーさわ
MacBookを購入してから無駄にカフェに入って作業をする機会が増えました・・・これは良いコトなのか悪いコトなのか・・・w

 - Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS