MacBookでもプレイ出来るオススメSteamゲーム10選!

こんばんは。おーさわです。

私はもう30代の半ばなんですが、恥ずかしながらゲームが大好きです。ゲームと言っても最近話題のNintendo SwitchやPS4 VRなんかではなくて、基本的にパソコンでプレイできるゲームが大好きです。

いつもはゲーム用のデスクトップPC(ドスパラというBTOブランドのガレリアというモデルを利用しています)でゲームをやるのが普通なのですが、最近は出張等で家にいることもあまりないので、ノートパソコンでゲーム出来ないかなあなんて考えておりました。

私が所有しているノートパソコンは

  • MacBook early 2016(12インチモデル)
  • Thinkpad X260

【レビュー】MacBook early 2016を購入して分かった12のこと

2016年のふるさと納税はThinkpadのX260で決まりだ!

の2台です。おそらくスペック的にはThinkpadのが高い?のかなと思うのですが、個人的にはThinkpadはあまり外に持ち出すことはせずに、家でWindowsを使いたい時のために持っている感じです。購入したのがふるさと納税だったのもあってあまり活用できていません、、、

とにかく、今回は私のメイン持ち出しPCであるMacBookの12インチモデルでも動かせるゲーム(Steamで買えるもの)を試しにインストールして動かしてみましたので、オススメゲームをご紹介したいと思います!

ぶっちゃけ、ゲームをやるためにMacBookを買う!というのはオススメしませんが、サブのMacBookでゲーム出来るならついでにやってみたいな〜ぐらいの軽い気持ちで読んでいただければと思います。

まずは私のMacBook early 2016のスペック

私のMacBookは2016年発売モデルで、吊るしからスペックを若干変更しています。参考までに下記にスペックを書いておきます。

  • CPU:Intel Core m5 1.2 GHz
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:SSD 512GB
  • グラフィック:Intel HD Graphics 515

こんな感じです。ちなみにThinkpad X260はCPUもグラフィックもちょっとずつMacBookよりスペックが高いですね。ただ、個人的には使っていて使いやすいのは圧倒的にMacBookです。Thinkpadの赤ポチは使いやすいんですけどね、、、

第10位 Papers, Please

架空の共産主義国家「アルストツカ」の入国審査官としてプレイするゲーム。これまでこんなシュールなゲームがあっただろうか。一番最初にこのゲームを見た時には衝撃を受けた。だってゲームってほら、みんながなりたい職業とかそういうのをモチーフにするはずじゃん?なんで入国審査官にしたん?って最初は思いましたよね。

とはいえ、ゲームとしてはなかなか面白いし、難易度が結構高い。高度なグラフィックとかはまったく使われていないので、MacBookでも全く問題なく動きます。ゲームそのものもマウス操作のみで出来るのでオススメです。


定価は記事執筆時点で980円です。安いのでオススメ。セールの時は半額ぐらいになることもあります。

第9位 The Escapists

刑務所からの脱獄シミュレーションゲーム。アルカトラズからの脱出やショーシャンクの空にの映画の世界をゲームの中で体験出来てしまう名作です。ゲームシステム自体は全然難しくなく、だれでも気軽にプレイすることができます。

刑務所の中でもお金って必要なんだ・・・やっぱお金って偉大・・・というのをわからせてくれるゲームです。


定価は記事執筆時点で1,780円です。これもセールで70%オフとかになりますね。あと、The Walking DeadのDLCも出ていて、こちらも個人的には気になっています。ドラマ版のThe Walking Dead面白すぎる!

第8位 Factorio

常にSteamのランキング上位にいるシミュレーションゲーム。未開の惑星に主人公が乗った宇宙船が墜落し、そこで文明を切り開いているタイプのゲームです(主に工業)。工場好きな理系だったら間違いなく好き。ちなみに私も工場好きの理系。

見た目は街作り系のゲームっぽく見えますが、どちらかというとMinecraftの工業化に特化したゲームって感じです。不思議と中毒性のあるゲームなんですよね、、、


定価は記事執筆時点で2,300円です。多くのゲームはセールになったりするのですが、このゲームは一度もセールになったところを見たことがありません。のでいつ買ってもOKです!w

第7位 Darkest Dungeon

ヒーローだってストレスがたまるんだよ、、、というのを分からせてくれるローグライクRPG。グラフィックも欧米チックになっていてちょっと好き嫌いあるかも?

ちなみにこのヒーローはストレスが溜まると鬱になったりします。ヒーローが鬱になるってなんだよ・・・って思いましたがまあスパイダーマンもそんなワンシーンありましたしね。ゲームとしてのバランスが最高に高くてめちゃくちゃおもしろいです。セール時にはかなり安くなるし、低スペPCでも全然動くのでぜひ!


定価は記事執筆時点で2,4800円です。セール時には50%オフぐらいになるので、セールの時に買いましょう。

第6位 The Walking Dead

アメリカの人気ドラマ「The Walking Dead」のゲーム。プレイヤーは様々な選択肢を選びながらストーリーを進めていくのですが、ドラマと同様にとても精神にくることがありますwでもその精神にくる感じがあのドラマを人気にしてる原因だと思うのですがw

ちなみにゲームのストーリーとドラマのストーリーはまったく別物になっています。ドラマと一緒でゲームもどんどん先が気になるぐらい良く出来ています。マジでオススメなんですが、日本語化がちょいめんどうなので6位にしました。英語が出来れば絶対1位確定。


定価は記事執筆時点で2,4800円です。セール時には1,000円を切るのでセールの時に買いましょう。特にハロウィンセールの時は絶対安くなってると思います。

第5位 Undertale

なんとこの昔懐かしのRPG、アメリカ人在住の個人の方が作られたRPGです。マジすごい。ソフトとしても安いのですが、個人が作られたゲームでミリオンヒットですからね。間違い無くお金ガッポガッポでしょうね、、、

でもこんだけ良いゲームだったらそりゃガッポガッポになりますわ!というクオリティのRPGです。詳細をここに書きたいのですが、ネタバレの記事とかも見ずに、ぜひその目で内容を見てもらいたいので買ってみて下さい。


定価は記事執筆時点で980円です。セールとかとりあえずやってるとこは見たことないし、そもそも安いので買っちゃいましょう!

第4位 Prison Architect

これはThe escapists(脱獄シミュレーションゲーム)とは逆の「刑務所を運営」するシミュレーションゲームです。これまでにこんなゲームありましたっけ?無い気がする。基本はシムシティに近い感覚というか、ちゃんとした経営シミュレーションゲームです。

個人的にすごい面白いと思ったのが、囚人管理のスタイルを自分で選べるところですね。囚人に甘く優しくすることもできるし、ちょっとでも歯向かえばバンバン殺すみたいなこともできちゃいます。このゲーム買った時は2日で15時間ぐらいプレイしてしまいましたw


定価は記事執筆時点で2,980円です。セールだと1,000円ぐらいになったりします。3,000円でも買う価値はありますが、急がないのであればセールまで待って購入しましょう!

第3位 Torchlight II

唯一のハクスラゲーでランクインしました。ちなみにハクスラといえばDiabloですが、Diablo3もMacBookで動かすことが出来ました。Diabloも面白いのですが、今回はSteamで購入出来るゲームですので、変わりに私が大好きなTorchlightを入れておきました。実は私はDiabloより先にTorchlightをプレイし始めました。

ハクスラはストレス解消にめちゃくちゃ良いですよね。ただ、海外ゲーム特有のいわゆる「お使いゲー」に近いので、日本のRPGばっかりやってきた人には向かないかも、、、


定価は記事執筆時点で1,980円です。セールだと500円ぐらいになったりしなかったかな?結構古いゲームなのでセール率が高い&安いのでぜひ買ってみて下さい!

第2位 Cities: Skylines

中毒性の高いゲームばかりリリースするParadox Interactiveの進化版シムシティです。シムシティが正統進化していたらこういう風になっていたのかなあなんて思ったりしました(とはいえ最近のシムシティなんてほとんどやったことありません)。

実はMacBookのスペックで動かすのは結構厳しいのですが、グラフィック設定を下げれば全然ちゃんと動いてくれます。ちなみに私がこのゲームで好きなのが、街の中の人レベルで追いかけたりすることが出来ることですね。細かいとこまで気が利いていてほんとに飽きないゲームです。受験生とかは手を出すのはやめとこう。


定価は記事執筆時点で3,388円です。結構な頻度でセールをやるし、たしか75%オフとかになるのでそのタイミングで買うのが良いと思います。結構DLCも出てますね。

第1位 RimWorld

宇宙船の事故により不時着した3人の主人公たちがその星から脱出するためにがんばるゲームです。このゲームも常にSteamの売上げランキング上位にいるのですが、こちらもめちゃくちゃ中毒性の高いゲームだなと思いました。ゲームのバランスがめちゃくちゃ良いってのもありますけどね。

というか、面白いゲームって基本的にゲームバランスがめちゃくちゃ良いんですよね。Rimworldも同様に神がかっているゲームバランスです。


定価は記事執筆時点で2,980円です。こちらのゲーム、残念ながらセールしてるところを見たことがありません。でも、確実に払った分以上に楽しめるので。

終わりに

私がオススメしたいMacBookでも動くSteamで購入できるゲームをご紹介しました。ここで私が言っているMacBookとはMacBook early 2016のモデルですので、そこだけご注意してください。基本的にご紹介したゲームは私のMacBookでは問題なくプレイ出来ております。

みなさまのオススメがあったら教えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です