Be an Explorer

Mac synchronize marsedits drafts using dropbox

MarsEditの下書きをDropboxを使って複数台のMacで同期する方法!

   

私は家ではiMacのRetina 5Kディスプレイモデルを使ってブログを更新し、外にいる時はMacbook Pro Retinaの13インチモデルを使ってブログを更新しています。

基本的には書いたらすぐに更新するスタイルなのですが、記事にしようと思ったことを簡単にささっと書いて下書きとして保存することで書き忘れみたいなことを防止できるかなと思い、そのスタイルを実践していきたいと思っています。

そうするとおそらく今後困ってくるのが2台のMacでの下書きの同期。

私はDropboxを使っているのでそれを活用してMarsEditの下書きを同期するのが一番効率良さそうです。
調べてみるとすぐ出てきますが、自分のためにメモとして記録しておきます。

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥4,000(記事公開時)

sponsored link

複数台のMac間でMarsEditの下書きをDropboxを使って同期する手順

まず、パソコンごとにファイルのパスが微妙に違うようです。
AppStoreで購入したのか、公式HPで購入したのかによってもパスが違うようです。

ちなみに私はAppStoreで購入したMarsEditを使っています。
人によって環境が異なるようですので、少しずつ変更して使ってみてください。

  • MarsEditを終了する(iMac、Macbook共に)
  • iMacでターミナル.appを起動し、コマンドを入力

$ mkdir -p ~/Dropbox/MarsEdit
$ mv ~/Library/Preferences/com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist ~/Dropbox/MarsEdit/
$ mv ~/Library/Application\ Support/MarsEdit/LocalDrafts ~/Dropbox/MarsEdit/
$ cd ~/Library/Preferences
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist ./
$ cd ~/Library/Application\ Support/MarsEdit
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/LocalDrafts ./

ここではDropbox内にMarsEditというフォルダを作るというのを前提にしています。
フォルダ名やパスは適宜変更してください。

  • Macbookでターミナル.appを起動し、コマンドを入力

$ cd ~/Library/Preferences
$ mv com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist{,.orig}
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/com.red-sweater.marsedit.macappstore.plist ./
$ cd ~/Library/Application\ Support/MarsEdit
$ mv LocalDrafts{,.orig}
$ ln -s ~/Dropbox/MarsEdit/LocalDrafts ./

これでDropboxの同期が終われば2台のMacで下書きを共有することが出来ます。
また、3台、4台と動機するMacを増やしたい場合はMacbookで行った作業を各Macで行ってください。

これで少し快適に更新出来るようになるかな?

 - Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 33 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS