Be an Explorer

有馬記念を競馬場で見るには何時に行けばいい?競馬好きの私がお答えしましょう!

   

今年1年も競馬で始まり、競馬で終わることになりそうなおーさわです。

今週の日曜日は今年最後の中央競馬開催となり、有馬記念がありますね!

私も現地で観戦予定ですが、初めて行く方のために何時ぐらいに行けばいいの??っていうのを簡単にご紹介しておきたいと思います!

ちなみに最初に言っておくと、有馬記念は1年で1番競馬場が混む日です!

sponsored link

有馬記念とは?

たぶん、検索してこのページにたどり着いてくれている方は有馬記念が何かっていうのは知ってるかと思いますが、一応有馬記念が何かっていうのを簡単におさらいしておきます。

1955年(昭和30年)まで、暮れの中山競馬場では中山大障害が最大の呼び物であったが、東京優駿(日本ダービー)などと比べ華やかさに欠けていたことから、当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が中山競馬場の新スタンド竣工を機に「暮れの中山競馬場で日本ダービーに匹敵する大レースを」と提案。当時としては他に類を見ないファン投票で出走馬を選出する方式が採用され、1956年(昭和31年)に「中山グランプリ(なかやまグランプリ)」の名称で創設された。
しかし、第1回中山グランプリの興奮も冷めやらぬ1957年(昭和32年)1月9日に創設者の有馬理事長が急逝したため、有馬の功績を称えて第2回から「有馬記念」に改称。以来、中央競馬の一年を締めくくるレースとして定着した。施行場は創設時より中山競馬場で変わっておらず、施行時期も12月下旬で定着している。
地方競馬所属馬は1995年(平成7年)から出走が可能になった。外国馬は2000年(平成12年)から2006年(平成18年)まで、当該年度のジャパンカップを優勝した馬のみに出走資格が与えられていた。2007年(平成19年)からは国際競走となり、外国馬の出走枠も6頭に増やされた。
出典;Wikipedia

簡単に言うと年末に開かれるお祭りレース的なイメージです。

出走するメンバー(馬)がその年を彩った名馬達で、競馬のオールスターレースです。

また1年で1番馬券が売れるレースとしても有名です。

宝くじ的な役割も果たしているのでしょうか(汗

何時までに現地に行けばいーの??

シンプルに言うと開門(午前9時)についておけば問題無いです。

スタンドの最前列に並んで見たい!とかそういうのは諦めましょう。

中山競馬場のドン(そんな人がいるのか分かりませんがw)がもう前日開催後から並んで場所を確保しています。

もう有馬記念は最初からスタンド席に座ってゆったり見るの前提で行きましょう。

そうなると9時までに行けば問題なく座って観戦することが出来ます。

10時ぐらいでも問題なく座れるとは思いますが、有馬記念では公式で下記のようなページが用意されるぐらいですので、余裕をもって9時には現地に着くようにしましょう。

座れなくていーやって思っていても入場制限されたら見ることすら出来ませんからね・・・

最後に一つ重要なこと

競馬場マナーは守るようにしましょう!

有馬記念や日本ダービーが開催される週には、普段競馬場に足を運ばない方が結構こられています。

そういう方が競馬場に足を運んでくれるのは非常にありがたいことではあるのですが、悲しいことに一部の方のマナーの悪さが目立ってしまっています。

今年の日本ダービーが開催された週に私が撮影した写真をご覧ください。

まあこういう感じで、ゴミ捨て放題なんですよね。

普段の競馬場はすっごい綺麗で競馬好きじゃない人にも見せたいレベルなのに、競馬好きじゃない人も足を運ぶ日は競馬場が汚いっていうのは競馬のイメージダウンにもつながります。

みなさんにはぜひともマナーを守って楽しんで頂きたく思います!

おーさわ
みなさんで今年最後の大レースを盛り上げて行きましょう!

 - others

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS