競馬歴20年の私が教える!競馬場に持っていくべき7つのモノ

こんばんは。おーさわです。

ちょうど今は東京競馬場で5週連続G1が開催されています。

5月の第1週から6月の第1週まで毎週G1が開催される、東京の競馬好きにとっては1年で1番気持ちが上がるシーズンです。

ちなみに今年も日本ダービーは見に行こうかなと思ってます。

日本ダービーを観戦するには何時に競馬場に行けばいいの?については下のエントリーをご覧ください。

日本ダービー開催時の東京競馬場の混雑具合は?何時までに競馬場行けばいいの?

最近、競馬場に行って思うのは、ほとんど競馬を知らない方もたくさん来ていただいているということですね。

JRAのテレビCMなんかの影響でしょうか。

昔から競馬を見ている私にとっては嬉しい限りです。

今日はそんな方のために、競馬場に行く時に一緒に持っていくべきアイテム7個をご紹介したいと思います。

1. まずは絶対に「赤ペン」

赤ペンはめっちゃ重要ですね。

みなさんも競馬場にいるおっさんのイメージって赤ペンなんじゃないでしょうか?

これは競馬新聞に自分の予想を書き込むときに使うのですが、これが無いと一つ一つのレースで予想したものをひと目で把握出来ません。

競馬場でも買えるのですが、やすそうなペンを100円で買わされるので事前に用意していくことをオススメします。

複数個入っているものを事前に購入して友達とシェアしましょう。

2. 5月〜9月なら必須「日焼け止め」

5月とか9月とかってなんとなくそこまでまだ暑くないイメージがありますが、一日中屋外にいるとなると結構な紫外線を浴びます。

私も5月に競馬場に行って、家に帰ってからお風呂に入ったら身体中が痛くて苦労した思い出があります。

日陰にいても反射した紫外線でかなり日焼けしますので、必ず買っていくようにしましょう。

3. 芝生の上でピクニック気分!「ブルーシート」

競馬場には一部芝生で観戦が出来るエリアがあります。

直接、芝生に座るのも良いのですが、公園でピクニックするときに使うブルーシートがあるとなお良いでしょう。

ブルーシートを固定するガムテープも忘れずに

4. 思い出を残す「カメラ」

一眼レフがあれば理想的ですが、普通のコンデジでも全然OKです。

競馬場の雰囲気を撮るためならiPhoneのカメラでもいいですね。

ただ、個人的には今流行りの「写ルンです」をオススメしたいです。

フィルムカメラの雰囲気、最高です。

5. 本場の貴族も使ってる!「オペラグラス」

オペラグラスなんてカッコイイこと言いましたが、普通に双眼鏡です。

スタンドから見たりする場合はあったほうがいいでしょうね。

これでみると騎手の細かい動きとかまで見れてまた違う楽しさに気付けると思います。

6. 11月〜2月なら必須「ホッカイロ」

マジで真冬に外で1日中競馬を見るのは寒いです。

ホッカイロがあっても結構つらいので、手袋とダウンジャケットもかならず一緒に持っていくようにしてください。

貼るタイプがおすすめ。

7. 情報はネットで収集!「スマホかタブレット」

実は、競馬場にいても情報を収集するのはスマホやタブレット経由です。

実際に競馬場にも画面がたくさんあって情報は見られるのですが、スマホとか使ったほうがぶっちゃけ楽ですね。

競馬場には無料Wi-fiもあるので、私はいつもWi-fi版のiPadを使っています。

終わりに

私が競馬場に行く前に購入する7つのアイテムをご紹介しました。

みなさまが競馬場に行く際の参考になれば幸いです。

それでは競馬場で会いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です