Be an Explorer

Windowsタブレットが急に欲しくなったので主要5機種を比較してみた!

   

こんばんは。ふとした瞬間にWindowsタブレットほしいな〜なんて思ったら、週末ずっとWindowsタブレットを探していましたおーさわです。

タブレットはiPad miniの2代目を使っているのですが、やっぱりもう結構古いので動作がモサモサ・・・

現状、iPadはそんなに使っていません。

やっぱiPhoneあるし、Macbookあるし、iMacあるしっていうことであんまりiPadの出番が無いんですよね。

そこでWindowsタブレット(Winタブ)ですよ!

気がつけばうちにはWindowsマシンは一台もないし、なんだかんだでWindowsの方がMacより自由度が高い。

この自由度を持ち運び出来るWindowsタブレットがあればかなり便利になると思うんですよね(買ってから使わない未来が見えなくもないけどそこは目をつむって)

とりあえず、世の中にはWinタブがたくさんあるみたいなので購入候補をいくつか考えてみました。

sponsored link

まずはどういう用途に使うかを考える

Winタブは色々な会社から様々な機種が発売されています。

それぞれの機種に良い所、悪い所はありますが、それぞれの機種にスイートスポットがあるんだと思います。

私が利用するシーンを考えてみました。

  • 基本的に家ではあまり使わない(動画鑑賞だけはしたい)
  • 競馬場で予想するときに利用したい
  • 電車や新幹線で長距離移動する時にネットサーフィンがしたい

メインはこんなとこでしょうか。

一番活用出来そうなのは競馬場でですね。馬券の予想にも使えますし、私は写真も撮るのでその場で撮影した写真も確認出来ます。

そうなると私にとって重要なのは「ポータビリティ(携帯性)」と「バッテリーの持ち」かなと思います。

そこらへんに重点を置いてどのWinタブが私にとって一番良いのかを選んでみたいと思います。

なお、スペックも一部抜粋をしていますが、私が買おうと思っている機種のスペックを書いただけなので、カスタマイズや別モデル等の事は考えていません。ご了承下さい。

王道?Microsoft製のSurface 3!

Windowsタブレットと言えばSurfaceでしょう。

色々なとこでレビューを見ると良い評価と同じぐらい悪い評価も見ますね。

悪い評価をしている方はタブレットというかPC的な性能を求めているのかなっていうのが私のイメージです。

私が特に気にしているスペックだけ、抜き出してみました。

項目 スペック
OS Windows 8.1 Update 64bit
CPU Atom x7-Z8700 1.6GHz
メモリ 4GB
記憶容量 128GB
バッテリー 10時間
画面サイズ 10.8インチ
解像度 1920×1280
重量 641g
実売価格 ¥82,000(2015年10月4日現在)

私はあまり気にしていませんがこれはSIMフリーモデルなのでSIMがあればネットもルーター無しでできちゃいますね。

Surfaceの上位モデル!Surface Pro 3!

上で書いたSurface 3の上位モデルにあたるSurface Pro 3です。

こちらはスペックももうパソコン並で、タブレットと言うにはもったいないぐらいです。

評価も概ね高いですし、多くの方が買って満足出来るようなオールマイティなモデルのようですね。

項目 スペック
OS Windows 8.1 Pro Update 64bit
CPU Core i5
メモリ 4GB
記憶容量 128GB
バッテリー 9時間
画面サイズ 12インチ
解像度 2160×1440
重量 800g
実売価格 ¥101,000(2015年10月4日現在)

一般的なパソコンが4万円ぐらいから購入出来るこのご時世に10万円という価格のタブレットだけあって、スペックも豪華になっています。

唯一ネックなのは重量ですね。800gはPCとしては軽量ですが、常に持ち歩く使い方をするタブレットとしては少し重いかなと思います。

コスパに優れるASUSのTransBook T100HA!

小型ノートパソコン部門でも猛威をふるっているASUSですが、Windowsタブレットの分野でもかなりコストパフォーマンスの高い製品を出しているようです。

このT100HAは先月に発売されたばかりのモデルですが、価格もSurfaceの半額ぐらいで、限定的な用途で利用する場合はこちらの方が良さそうかなあという印象です。

項目 スペック
OS Windows 10 Home 64bit
CPU Atom x5-Z8500
メモリ 2GB
記憶容量 64GB
バッテリー 11.3時間
画面サイズ 10.1インチ
解像度 1280×800
重量 580g
実売価格 ¥45,000(2015年10月4日現在)

メモリが2GBしか搭載されていないのに64bitOSなのはなんでなんでしょう・・・

あとは解像度が低いのがちょっと気になりますね。ただ10.1インチぐらいの液晶ではこれぐらいでも十分かもしれません。

Lenovoだって安いぞ!LenovoのYOGAタブレット2!

おそらくこのLenovoのヨガタブもかなり有名なのではないかと思います。

Androidのタブレットも出してますしね。

価格は安いけどネットで評価を見てみるとかなり良いっぽいです。

項目 スペック
OS Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU Atom Z3745 1.33GHz
メモリ 2GB
記憶容量 32GB
バッテリー 15時間
画面サイズ 10.1インチ
解像度 1920×1200
重量 639g
実売価格 ¥40,000(2015年10月4日現在)

ん・・・?Windows 8.1 with Bingってなんだ・・・と思ってちょっと調べてみました。

要するにInternet Explorerの標準の検索エンジンがBingに設定されているOSのようです。

たぶんBing社がスポンサー料を払ってユーザーのOS負担額を減らせるという仕組みでしょう。

標準の検索エンジンがBingなだけで、後から変更も出来るようですので、普通のWindows8.1と思って良さそうです。

このYOGAタブ、コスパすごい良いですね。

記憶容量が32GBしかありませんが、私の用途では十分そうですし、バッテリーはアホみたいに持つし、候補の一つだなあ・・・

3万円で買えちゃうWinタブ!ASUS TransBook T100TAL!

上であげたT100HAの前モデルとなるT100TALですが、なんと定価は65,000円もするのですが、今では実売3万円程度で買えてしまいます。

前モデルとは言っても発売されたのは2015年の春。十分に新しいモデルです。

やはりスペックとしては新型のT100HAのが上回っていますが、非常に価格としては魅力的ですので候補に挙げておきたいと思います。

項目 スペック
OS Windows 8.1 with Bing 32bit
CPU Atom Z3735D 1.33GHz
メモリ 2GB
記憶容量 32GB
バッテリー 10.7時間
画面サイズ 10.1インチ
解像度 1366×768
重量 580g
実売価格 ¥30,000(2015年10月4日現在)

うーんすばらしい。ただ解像度がちょっと・・・1200×800はまだ許せるんですが、1366×768っていうのは個人的にあんまり好きじゃありません。横長すぎるし・・・

でもそれを除けば驚くぐらい安いですね。SIMフリーモデルでもあるので、MVNOとのセットでめちゃくちゃ使えるかも・・・

5モデルを比較!

私が購入検討したい機種は大体絞れたので、5モデルを比較してみましょう。

項目 Surface 3 Surface Pro 3 T100HA Yogaタブ2 T100TAL
OS
CPU
メモリ
記憶容量
バッテリー
画面サイズ
解像度
重量
実売価格

こうして見るとT100HAの優秀さが目立ちますね。

ちょっと家電量販店に行って実機を触ってみたいと思います。

おーさわ
Surface 3かT100HAかなあ・・・Surface 3のが長く戦えそうなスペックではありますけどね。もう少し悩んでみます。

 - others

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34 follow us in feedly

Comment

  1. 井上 より:

    Surface 3のスペックはとても素晴らしいと思います。待機時間も長いから、見た目も豪華だと思われています。僕はこれからこれを買うことを考えます。

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

RELATED POSTS